演距離カノジョの比奈森さん クラスメイトの彼氏役はじめました  著:恵比須清司

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




演距離カノジョの比奈森さん クラスメイトの彼氏役はじめました  著:恵比須清司
3.5


「鳴瀬くん、もっとギュッとしてもいいかな?」

比奈森さんが甘えるように俺に抱き着いてくる。

優しくて、飾らない美少女で。

「次、鳴瀬くんの台詞だよ?」

俺の彼女役、正確には“派遣カップル”というアルバイトの相方だ。

仕事内容は街のデートスポットで仲良しカップルを演じる、いわゆるサクラ。

だから俺たちはあちこちで手を繋いだりハグしたり、とにかくイチャつくわけだけど。

「彼氏役を鳴瀬くんにお願いできてよかった」

「はい、あーん」

「鳴瀬くん。キス、しよっか」

これって、本当にぜんぶ演技だよな?

甘くてちょっぴりもどかしい演距離ラブコメ、上演開始。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました