パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いしてみた。  著:持崎湯葉

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いしてみた。  著:持崎湯葉
3.5


残業帰りの会社員・梶野了は、女子高生がパパ活をしている決定的瞬間を目撃する。

彼女には見覚えがあった。

同じマンションに住むお隣の娘さん、香月乃亜である。

「親には言わないでください、なんでもしますから」

そう懇願する彼女に梶野は、一つの要求をする。

「じゃあ、犬の散歩よろしく」

奇妙なきっかけから始まった二人の関係は、次第に親密になっていき。

「カジさん、匂い・・・嗅いでもいいっすか?」

「なんで!?」

匂いフェチのパパ活JKと、お疲れサラリーマンが贈る、新感覚ドタバタラブコメディ堂々開幕。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    フォロー
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    おすすめの読んでおきたい話題の小説一覧
    タイトルとURLをコピーしました