86 -エイティシックス-  著:安里アサト

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




86 -エイティシックス-  著:安里アサト
4.5


サンマグノリア共和国。

そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器“レギオン”による侵略を受けていた。

しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。

そう・・・表向きは。

本当は誰も死んでいないわけではなかった。

共和国全85区画の外。

存在しない“第86区”

そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜“有人の無人機”として戦い続けていた。

死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遙か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官”となった少女・レーナ。

二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる。

第23回電撃小説大賞“大賞”の栄冠に輝いた傑作、堂々発進!


▼ ご購入はこちらから ▼


 



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    フォロー
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    おすすめの読んでおきたい話題の小説一覧
    タイトルとURLをコピーしました