株では勝てる俺も、カワイイ女子高生には勝てない。  著:砂義出雲

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




株では勝てる俺も、カワイイ女子高生には勝てない。  著:砂義出雲
3.5


若くしてデイトレーダーとして成功した奥田理人、二十五歳。

タワーマンションで暮らし金銭には不自由のない生活をしているが、かつては極度の人間不信のせいで孤立した高校生活を送っていた。

そんな彼の前に現れたのは

「灯香の目標はね・・・タイムマシンを作ることなの!」

無邪気にそう語る家出少女、常磐木灯香だった。

それはあまりに無謀な夢だったが灯香のひたむきな気持ちを知り、彼女をしばらく家に泊めて夢への出資をすることにした理人。

「あ、おはよう、理人さん!」

「何してるんだ?」

「何って、朝ご飯を作ってるんだよ!」

人の心が理解できない不器用な男と、ひたすらに夢を追う女子高生の同居生活が始まった。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました