こんな小説、書かなければよかった。  著:悠木りん

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




こんな小説、書かなければよかった。  著:悠木りん
3.5


「ずっと一緒に、隣にいてくれる?」

「うん。永遠に。」

幼い頃に交わした約束。

それ以来、わたしとつむぎは何をするにも二人一緒で、変わらない関係のはずだった。

それなのに・・・

「私、恋がしたいんだ。しおりはそれを小説に書いて?」

体が弱く入院中のつむぎが口にした『お願い』は、彼女と、わたしの昔馴染みの男の子との疑似恋愛を小説に書く、というもので。

一つの『お願い』から変わり始める、わたしたちの関係。

恋と小説の中に、つむぎが求めるものとは?

わたしと彼女、そして彼とで紡ぐ青春物語。


▼ 詳しくはこちらから ▼


 
タイトルとURLをコピーしました