探偵はもう、死んでいる。  著:二語十

ライトノベル
スポンサーリンク

スポンサーリンク




探偵はもう、死んでいる。  著:二語十
3.5


高校三年生の俺・君塚君彦は、かつて名探偵の助手だった。

「君、私の助手になってよ」

始まりは四年前、地上一万メートルの空の上。

ハイジャックされた飛行機の中で、俺は天使のような探偵・シエスタの助手に選ばれた。

それから

「いい?助手が蜂の巣にされている間に、私が敵の首を取る」

「おい名探偵、俺の死が前提のプランを立てるな」

俺たちは三年にもわたる目も眩むような冒険劇を繰り広げ、そして、死に別れた。

一人生き残った俺は、日常という名のぬるま湯に浸っている。

それでいいのかって?

いいさ、誰に迷惑をかけるわけでもない。

だってそうだろ?

探偵はもう、死んでいる。

第15回MF文庫Jライトノベル新人賞“最優秀賞”受賞作。


▼ ご購入はこちらから ▼


 



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    フォロー
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    おすすめの読んでおきたい話題の小説一覧
    タイトルとURLをコピーしました