金属アレルギーについて

2015年12月22日金属アレルギー

金属アレルギー とは?



Wikipediaによると



メカニズム

アレルギーはタンパク質に対し起こるものなので
金属が直接にアレルギーを起こすわけではない。

つまり、金属はアレルゲンではない。

金属から溶出した金属イオンが
人体が本来持つタンパク質と結合し
アレルゲンとなるタンパク質に変質させる。



症状

金属との接触部に起こる接触皮膚炎
(部位によっては粘膜炎)が代表的である。

金属イオンが血流によって全身に運ばれると
全身性皮膚炎を起こすこともある。



金属の種類

金属アレルギーを起こしやすい金属としては
ニッケル、コバルト、クロムがある。

一方で金・銀・白金はアレルギーを起こしにくい。

最近、インプラントで多用されるチタンや
宝飾品に用いられるタンタルやジルコニウムも
アレルギーを起こしにくい。

それは化学的に安定な不動態を形成し
金属イオンが溶出しないからである。

アレルギーを起こしやすい金属は
合金になっていたりメッキされていることもあるので
注意が必要である。

また、チョコレート(ニッケルを含む)等の様に
食べ物に含まれている場合もある。



※Wikipedia 金属アレルギー より抜粋





まあ、簡単に言っちゃうと

肌に金属が触れたら
赤くなったり、腫れ上がったり、かゆくなったり


そんな事になってしまうのです。





人によって(重度の方)は
アレルギー反応が出にくいと言われている
金・銀・白金でも
皮膚に異常が出てしまう事もあるみたいです・・・





そうなると

アクセサリーを身に着けて楽しむ!

って事が制限されちゃうんですよねぇ・・・





そんなふうに悩んでる人って
けっこういたりするんじゃないかなぁ?



私も(軽度ですが)金属アレルギーなので
その悩みは多少かもしれませんが
理解できているつもりです。





でも近年
そんな悩みを解決してくれる可能性大
アクセサリー達が続々と登場してきています!



これから
不定期になるかもしれませんが
そう言った優れものアイテムを
ご紹介させていただきたいと思いますので

もし、お時間の都合がつけば
お付き合いいただけますと幸いに思います。



0

おすすめのアクセサリー